DCプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)ナーと言う言葉を聞いた事がありますか?なかなかきき慣れない言葉ですが、この資格を持っていると、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)の時にたいへん有利のだそうです。DCプランナーの「DC」そうはいっても、これは、Defined Contributionの略になっているでしょう。Defined Contributionとは、「確定拠出年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)」と言った意味とはいえ、「確定拠出年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)」といってあまり聞きなれないのですよね。この「確定拠出年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)」とは、企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)または個人で積み立てをし、60歳を迎えたら年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)をもらうことのできると言う制度だと言われているのです。年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)に対して不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)がある方や、年金を増やしたい人がこの確定拠出年金をやると、確実に年金(公的な年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります)をもらうことができるはずです。でも、一般の方では、なかなか年金(加入している年金の種類によっても、支給される額が畭なるでしょう)の計画を立てるのは難しいですね。そういった時に活躍してくれるのが、このDCプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ナーです。DCプラン(考えや構想をいうこともあります)ナーは年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)に対する専門的な知識に加え、ライフプラン(計画や案のことをいいます)、または投資についても詳しくなければいけないでしょう。というのも、年金(一般的に、国民年金よりも、厚生年金や共済年金の方が給付額が大きいようです)にたいする知識をもった上で、管理や運営をしていかなければならないからです。今後、新たな年金制度を加入者の方に詳しく説明したり、受託者として責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)を果たしていく実務家として期待されているDCプラン(考えや構想をいうこともあります)ナー。就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先も幅広いようですよ。主な就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先としましては、銀行、証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)、一般企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)の人事課、社会保険労務士、福利厚生担当者、証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)、保険会社等が挙げられるでしょう。DCプランナーの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)に限ったことではなく、ファイナンシャルプラン(考えや構想をいうこともあります)ナー、もしくは、社会保険労務士の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)と組み合わせれば、さらに就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先が増えます。年金(きちんと納付していないと、給付が受けられません)については、知っておいて損はないため、興味がある方や、将来貴方の資産(管理をしっかりとしないと、破産してしまうこともあるでしょう)を増やしておきたい方は、このDCプラン(計画や案のことをいいます)ナーといった資格を取ってみてもいいでしょうねー